歯周病は気が付かぬうちに進行し、やがて歯の根元の骨が溶け去り歯が抜け落ちてしまうという身近な割りに恐ろしい症状の病気です。

一旦病気が進行してから歯周病治療をスタートさせるのではもはや手遅れとなってしまうパターンが多く、むしろ早目の予防と定期的な点検がごく初期的な歯周病治療として大変有効となるのです。日々の生活、つまり食生活の中で歯や歯周部にダメージを与えるのは歯の根元を中心にこびりつくプラーク、つまり歯垢です。これらが歯ブラシでは届き難い歯周ポケットの中に本格的に入り込む事により歯周病は一気に進行し、やがてその歯の根元までを冒してしまうのです。

ここまでなると歯周病治療には本格的な外科的処置が必要となり、患者の負担も大変大きなものとなってしまいます。この様なステージに進行する前にしっかりと予防する事が大切です。とは言え、日々可能な予防法、つまりプラークコントロールは全く難しいものではありません。基本的に歯ブラシによる歯磨きや歯の隙間に挿入し汚れを落とすデンタルフロスをも併用する事によって、プラークの蓄積を十分に防ぐ事が可能です。

心掛けとしては毎日の手入れを怠らない事。日々食事を摂る中で常にプラークは歯に付着するものであり、いたちごっこではありますが、これらをその都度綺麗に落としてあげる事で歯や歯周の健康を保つ事が出来るのです。またそれでも除去し切れないプラークが目立つ程に溜まってきたら身近な歯科に通い、それらを物理的に除去してもらうのも大変有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *