口腔内の病気の中でも歯周病に悩む方は多く、これらは歯垢のコントロールで予防する事が可能ですし、歯周病原因は歯垢の増殖から起こるものですから、自宅で出来る自己ケアや歯科に通って専門的な治療を行う事が有効です。

歯を支える骨を溶かす歯周病は進行していく過程では自覚症状が無い事が多く、進行が進んでいくと歯がグラグラと動いたり、最終的には抜け落ちてしまうものです。歯磨きを行っていても、歯と歯の間や歯茎と歯の間の歯周ポケットの歯垢は自己ケアだけで取り除く事は難しく、歯科で定期的に除去してもらう事が望ましく、歯周病治療において歯垢のコントロールは非常に重要な要素になります。

歯周病治療は自己ケアだけで改善は難しいですし、歯科での治療を受けても普段の生活で歯磨き等で歯垢除去をしていないと進行する事になりますから、歯科と連携して歯周病治療を進めていく事が必要になります。歯周病の治療を行ったからと歯肉が元に戻るというわけではなく、治療後に進行させずに維持していく事が必要ですから、日常の歯磨き等を徹底して継続する事は必要です。

加齢によって免疫力は低下する事になり、若くて免疫力が高い時期の場合は歯垢が歯肉に入ってきても対抗出来ますから、歯茎が腫れる程度で済みますが、免疫力低下してくると自然に抵抗出来なくなって歯周病を進行させるリスクが高まるものです。継続的に歯垢除去を行う事や定期的な通院でチェックする事によって歯周病進行を止めて治療を行う事が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *