歯周病について、ご存知でしょうか。

歯周病とは、プラークという細菌の塊により歯の周りの骨が溶け、最悪の場合、歯が抜けてしまう病気です。日本人(成人)の約80%が歯周病であるとも言われています。この歯周病は、初期段階では痛みなどの症状が無いために気が付きにくいという特徴があり、知らず知らずのうちに進行してしまうのです。しかし、正しい治療や日々のメンテナンスにより、進行を食い止める事ができます。いつまでも自分の歯でいられるために、歯周病治療についてを知っていきましょう。

歯周病はプラークが歯茎に侵入して発生しますが、免疫力の高い若年時は歯茎の腫れ(歯肉炎)程度ですみますが、免疫力が落ちてくると骨まで溶かしてしまいます。免疫力は少なからず年齢とともに落ちてくるので、デンタルフロス等で歯の溝までケアすることで手助けをしましょう。特に歯並びによっては歯ブラシでは届かないところもありますので、専用の道具(歯間ブラシやフロスなど)で、ケアする事が重要です。自分でできるケアは基本として続けていく必要がありますが、すでに歯周病が進行している状態の場合には、歯周外科による歯周病治療が必要となります。

自分で取り除けないようなプラークや蓄積した歯石を歯科医院で取り除いたり、状態の悪い歯を抜歯することで近隣の歯にまで悪影響を及ぼさないようにする治療です。定期的に歯科医のメンテナンスを受ける事で、日々のケアは行いやすく、虫歯や口臭のリスクも減ります。歯周病治療を難しくとらえずに、日々のケア、そして健康のバロメーターとして取り組んでみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *