歯に関する治療というと多いのが虫歯治療です。

食事すると口の中に食べ物のカスが残ってしまいます。これらのカスを歯磨きで綺麗に掃除せず放置していると、口の中にいる細菌が繁殖し歯を溶かして穴を開けてしまうのです。これが虫歯であり大きくなってしまうと根幹治療や抜歯が必要となります。定期検診を行うことによって虫歯を予防することができるのです。この虫歯とは別に大きな問題となるのが歯周病です。歯周病は歯に直接に起こる病気ではなく、歯茎や骨に起こる病気なのです。

歯周病は歯と歯茎の隙間にプラークや歯石が溜まることから発症します。歯石が溜まると歯茎が炎症を起こし、ひどくなると骨にまで影響が出てしまいます。そのまま放置すると最終的には歯が抜けてきてしまうのです。歯を失う人の多くがこの歯周病が原因だと言われているのです。しかし歯周病は歯周病治療することによって治すことができます。原因であるプラークや歯石を取り除くことが必要であり、歯茎の奥まで入ってしまった場合には麻酔をし切開して取り除いていきます。

骨が溶けてしまった場合にはプラークを除去しても元に戻す事はできませんので組織を再生するなどの歯周病治療もあります。歯周病治療は早めに行うことによって症状を軽くすることができ、また自分の歯を残すことができるのです。歯周病治療をした後には、またプラーグや歯石がたまらないように毎日の歯磨きや歯医者での定期検診が重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *