歯周病とは細菌によって歯ぐきや歯の周りの骨が溶ける病気です。

口臭の原因にもなりますし、重度の症状だと歯が抜けてしまいます。歯医者での歯周病治療の基本はプラークを掃除することです。プラークは歯垢とも呼ばれ、細菌と代謝物の塊で歯周病の原因となる物質です。このプラークが唾液によって歯石となります。歯石は歯周病のリスクを高める物質です。歯医者では単に歯垢・歯石を取るだけではありません。自宅の歯磨きで口内を清潔にできるように、ブラッシングの指導を行います。

この基本的な歯周病治療をベースに症状の進行度に合わせた治療も行います。歯周ポケット(歯ぐきの溝)が3~4mm以内の軽度の症状の場合、歯垢・歯石の除去とブラッシングの指導など基本治療と余り変わりはありません。歯周ポケットが4~7mm以上の中度の症状には基本の歯周病治療に加え、ルートプレニングという治療を行う場合があります。ルートプレニングは麻酔を使用して歯ぐきの深い位置にある歯石を取り除き、その後、歯垢・歯石が付着しづらくする為に歯の表面をすべすべに仕上げる治療方法です。

歯周ポケットが8mm以上と重度の症状の場合は、フラップ手術を行う場合があります。フラップ手術は麻酔をかけた後歯ぐきを切開して、歯石を直接目に見える状態にしてから、徹底的に汚れを取り除く治療法です。このように、やり方は異なっても歯垢・歯石を取るのが歯周病治療の中心となります。もちろん、歯垢・歯石取り以外に噛み合わせの調整や歯の神経を取るなどの異なった治療法も存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *