手頃なスーツを持って着こなすこと

新入社員は真新しいスーツで入社式を終えることが多いです。そのまま営業や事務職などの場合には、スーツで仕事に就くケースが多く、男性の場合にはスーツが仕事着になることが多いです。しかし入社式だけはそのような格好をするものの、工場でライン作業に就く人は作業着などで仕事をする場合が多く、その後着る機会があまりないことも多く、その後の自分の体系も変化することも考慮して、売却してしまう人も多いです。上着には名入れをする人が多くいますが、売却を考えている人は名入れをわざとしないで売却できるようにします。

名入れをするとどうしても売却しずらくなり、店によっては買取してくれないケースが多いです。しかもあまりにも使い込むと生地もいたむために買取が難しくなりますので、数回着用しただけで新しい生地の状態のときに売却したほうがより高く買い取ってくれます。スーツは毎日着用するので何着あってもいいですし、特に営業の場合には毎日汗をしみこむことが多くクリーニングに出すことも考えると多くを持っていたほうが便利です。そのような場合は全て新着にするよりもリサイクルショップで自分の体形に合うものがあれば利用した方が経済的でもあります。

その柄もできるだけ似ているものではなく、明らかに前日とは違うものと感じさせる色柄のスーツを何着か用意するのがいいです。同様にネクタイも何種類を持つことでそれらの組み合わせて何通りもの着合わせができておしゃれができます。

Filed under: 三宮駅, 洋服お直し, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website