オーダースーツの採寸では仮縫いを

オーダースーツは自分の体に合わせたスーツを新調することができると言うことで多くのビジネスマンが利用しているのですが、その半面で採寸や出来上がったスーツが体に合わない等の失敗例も多くあります。その中でも一番多い失敗例であるサイズが合わないという点については、オーダースーツなのだからそんなことはないだろうと甘くみているとほとんどの人が経験する失敗例だといわれています。ではどのようにすればサイズの合ったオーダースーツを利用することが出来るのかというと、まずは採寸や打ち合わせなどに時間がかかるため、とりあえずある程度の時間が取れるときに店を訪れると言うことが前提条件になります。時間をとって採寸をしてもらうことによってより自分の好みのオーダースーツを仕立ててもらうことが出来ますし、細かく打ち合わせをすることが出来るので仕上がりに関しても満足できる可能性が高くなってきます。

また、古オーダーをしなくてもいいので必ずしておいた方がいいといわれているのが仮縫いです。仮縫いは本格的に仕立てる前の準備段階であり、この時点で本人の体のラインに合わせてフィッティングさせることが重要な仕事となっています。そのため仮縫いを怠っていると自分の体に合わないなどの失敗に繋がってしまうため、とりあえず採寸以上に重要となってくる過程であると言われています。また、サンプルを利用したり自分の持っている服の中で最もサイズが合うものを提供するなどもいいと言われています。

Filed under: 京都駅, 洋服お直し, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website