オーダースーツの3つの種類

社会人になって脂が乗ってくれば、オーダースーツのひとつくらいはほしくなるものです。それに、公式の場に出席する機会がふえれば勝負服は必要になってきます。しかし、気をつけてほしいのは、オーダースーツにはフルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの3種類があるということです。フルオーダーは、何から何まで特注品です。

まず、客とデザイナーが相談の上でデザインそのものを考えます。そして、そのデザインに合わせてボタンや糸までも独自のものを仕入れます。材料が揃えば、仮縫いをし、客に試着してもらいながら微調整を重ねてこの世でひとつしかないスーツを完成させるのです。オーダースーツの中でも一番手の込んだもので、当然、値段も高額になります。

それに対して、イージーオーダーは既存の型紙を使います。型紙を使うなら既製品と同じではないのかと思うかもしれませんが、型紙は何百種類もあり、微調整もかなり行うので、出来上がったものはオリジナルと呼んで差し支えないものです。値段はフルオーダーよりひとまわり安くなります。パターンオーダーはサンプルのジャケットを試着しながら購入する商品を選び、それに体型補正を加えたものです。

限りなく既製品に近く、価格も既製品とさほど変わりません。この3つを比べた場合、本来ならぜひ、フルオーダーを購入したいところですが、予算が厳しいのであれば最初の1着はパターンオーダーでもよいのではないでしょうか。まずはパターンオーダーでオーダースーツに慣れ、その上で、2着目を購入する際にはフルオーダーかイージーオーダーにチャレンジすればよいのです。

Filed under: ファッション/アパレル/装飾品, 天神駅, 洋服お直しTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website